マニラの微風

アクセスカウンタ

zoom RSS 第 339話:フィリピンの運転免許証

<<   作成日時 : 2009/07/11 11:34   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

 昨日、新たにマニラに赴任してきた日本人と話していたときにフィリピンでの運転免許証の話になりました。

 小生10年前にマニラに赴任した際に、他の駐在日本人より、「日本人が駐在してしばらくして、フィリピンの自動車の運転免許証を取得したら、これは彼女が出来たということだ。お抱え運転手に知られて、運転手から社内にばれるのを恐れて、自分で運転するようになるからだ。」と教えられました。

 と、いうわけで、いつ彼女が出来たかわからないように、小生は赴任して7日目にフィリピンの運転免許証の申請をしました。もっとも小生、年は食っていますが正真正銘の独身であり、仮に彼女が出来ても誰にはばかることはないのですが、やはり、運転手付きで彼女を乗せてというのは、どうも趣味に合いません。

取得は簡単です。まず、日本の運転免許証のコピーに対してマニラの日本大使館で証明を貰い(大使館に用紙は置いてあります。)、これをフィリピンの免許センターに提出すれば、時間は掛かるかも知れませんが簡単に取得出来ます。

10年前に取得した時はケソン市のセンターまで行き、普通だと発給まで2〜3ヶ月かかるというところを、何十人も申請にきて並んでいるのを順番を飛ばして、小生のドライバーの案内で確か 300 ペソを別途払って supper way(ドアの入口にこう書かれていたように記憶している)を使って、僅か30分で終了し、1週間後には受領出来た。

フィリピンはアメリカナイズされた部分が多く、法律や規則も細かなところまで規定されていますが、必ず another way や express way が用意されており、少々トラぶっても最後は金で何とかなるようになっています。

 有効期限は3年間で、これまで3回更新しましたが、この更新時には事務所近くに出来た事務処理がコンピューター化されたLTO(Land Transportation Office- 陸運局)では30分で手続きが終了し、更新された運転免許証も手にして帰ることが出来、フィリピンも大したものだと感心したのであります。

日本であればあたりまえか!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
銀行の時とは違いますね。
私は来週からベトナムですが、とても自分で車やバイクに乗る気はしないですね。
マニラは交通状況はいいんですね。
ただ航空券が高そうでorz

いつかフィリピンにも遊びに行きたいです。
アル・鴨ネ
2009/07/16 21:23
何年か前にタイに行った時に渋滞につかまったのですが、タイの渋滞にはなんとなく、フィリピンより秩序があるように感じました。

フィリピンでは渋滞になると、通常3車線が5車線になったり、右から左からいろんな角度に車が並び全くの混沌とした状況になります。

ベトナムではどうなのでしょうね。
キャップ
2009/07/18 10:47
渋滞がおきると、ベトナムでは歩道もバイクがガンガン走ります。
アル・鴨ネ
2009/07/21 19:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
第 339話:フィリピンの運転免許証 マニラの微風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる