マニラの微風

アクセスカウンタ

zoom RSS 第 366 話:ワンワン論議沸騰???

<<   作成日時 : 2010/07/05 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


7月3日のマニラ新聞の第一面紙上に載っていたタイトルです。

フィリピンでは、警察車両等が鳴らすサイレンのことを“ワンワン”と呼ぶのですが、これを6月30日に就任したアキノ新大統領が緊急時以外の使用を禁止したことにより、賛否両論があり議論が沸騰しているという、いかにもフィリピンらしい話題です。
フィリピンでは、警察車両が問題のサイレンを鳴らしながら、信号等を無視し、観光バスや、結婚式の参列者の車列の誘導をしたり、時には道路を逆行している光景をよく見かけます。

前大統領を含めて国会議員や各政府省庁のえらいさん等々の車列が、このサイレンを鳴らしながら誘導するパトカーや白バイの先導で信号を無視し、時には道路通行止めにして、すいすいと通り抜けていくのを、 イライラしながら眺めることが多々あります。

勿論、フィリピンでもサイレンの使用は緊急時以外は違法ですが、大統領、上下院議長、最高裁長官等には法律でその使用が認められているそうで、それでも新大統領はその就任式で、「これからはワンワンも道路の逆走もなくなる」と大統領自らが規範を示しているとのこと。

いつまで、続きますかね・・・・・

願わくば、初心を貫徹していただきたいものです。

フィリピンでもこのサイレンは緊急時のみの使用が認められており、もちろん許可された車両にしか装備出来ないことになっているのですが、そこはフィリピンの事、金さえ出せば許可証を入手出来、虎の威を借りる一般車両が増えて、それが更に渋滞を増やすということになっています。

とは言え、許可証の違法販売が安月給の警察官の生活を潤しているという必要悪的な側面もあり、新大統領にはそこらへんにも配慮した対応が求められています。

大金持ちのぼんぼんの新大統領のお手並みに期待したいところです。

フィリピンの庶民の暮らしがもう少し良くなるようにアキノ大統領にお願いしたいところです。




実録イメルダ・マルコス?フィリピン大統領夫人の知られざる過去
めこん
カルメン・ナバロ・ペドロサ

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
第 366 話:ワンワン論議沸騰??? マニラの微風/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる